台湾の伝統的な大同電鍋が我が家にきたよ!

JUGEMテーマ:今日のお買い物

P9170003.jpg
念願の大同電鍋♡
先日台湾に行った時に「欲しい」と思った大同電鍋。
普通に買える金額なんだけど、持って帰ってくるのが大変。
送ることも考えたんだけど、この時は諦めて
電鍋型のオルゴールを代わりに買って。

けど帰国しても大同電鍋欲しい熱は冷めやらず。
どうせ台湾で買っても送ることに変わりはないし〜ってことで、
お取り寄せしちゃおうことに♡
そして本日我が家に大同電鍋がやってきました〜〜〜〜〜

P9170001.jpg
大同電鍋です♡ 日本的に言うと炊飯器ですかね。
でも大同電鍋ってご飯炊くだけじゃなくて、
煮る、蒸す、焼く、炒めるもできるんですよ!
これ、多分台湾行ったことある人はきっと見たことあると思います。
写真がなくて残念なんですが、台湾のセブンイレブンでよく
おでんみたいなのが鍋に入ってありますよね〜
あの鍋が大同電鍋だったりしますw

この大同電鍋は50年以上前に東芝の技術協力を得てできた商品だそうで、
確かに日本も昔はこーんな形の炊飯器でしたよね。
そして耐久性に優れてて普通に20年、30年と使えるそうです。
台湾の友達に「大同電鍋が欲しい」と言ったら
「大同電鍋は台湾の伝統的な炊飯器です。うちにもありますよ」と。
カラーリングも豊富で現在は50周年記念のイエローもあったような。
赤やピンクもあるけど、私は翡翠にしました。キレイな色よ〜

ちなみにダンナさんに内緒で買ったんですけど、
さっき郵便局から届いた時に、ダンナさんが荷物の受け取りをしてくれて
「なんか海外から荷物だよ〜」って。
「実は大同電鍋買ったの」と言ったら・・・


この表情でした。
私が欲しい欲しいと言ってても
本気で買うとは思ってなかったみたいでw

P9170006.jpg
で、早速ご飯を炊いてみました〜
炊き方、使い方はまた別記事で説明しますが、
炊けるのが早くてビックリ!
今まで使っていた国内の某メーカーの炊飯器では
早炊きモードにしても35分とか40分はかかるにの、
※しかも早炊きモードだとあんまり美味しくない
多分25分ぐらいで普通に炊きあがりました。
あまりにもの早さに若干不安になったけど、
普通にきちんと炊けていて「素晴らしい!」と。
そして炊けたご飯を一口食べてみたら美味しい♡♡♡

P9170007.jpg
美味しいご飯が炊けたので、冷蔵庫の中にあった食材で早めの昼ご飯。
至福の時だ〜〜〜ダンナさんも大同電鍋を気に入ってくれたw
これから大同電鍋を使った料理などなども
紹介していこうと思います♪

鍋.jpg
ちなみにこちらがオルゴール♪♪♪

大同電鍋はずーっと変わらずこの形で、台湾では一家に一台だそうです。
開発に力を貸した東芝の炊飯器もきっと50年前はこんな形だったんだろうけど、
今ではハイテクな全く違う形になっていますね。
ハイテク炊飯器ももちろん素晴らしいけど、
好みなんだろうな。どうもノスタルジーな物が好きなせいか、
私が魅了される物は昔懐かしな雰囲気を持ち合わせているデザインの物が多い。
そして我が家のキッチンに大同電鍋があると思うだけでなんだか嬉しい!
苦手な炊事が楽しくなりそう〜♡

上の記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます♪




logo
旅する雑貨店 BON VOYAGE

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

search this site.

categories

archives

recent comment

profile

links

others


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... プラハ
旅行口コミ情報