旦那のパスポートがKLで盗まれた!大使館編

JUGEMテーマ:海外旅行 総合


大使館
前回までのお話はコチラから!

警察に行ったのが11/15(土)で翌11/16は日曜なので大使館はお休み。
なので、色々とネットなどでパスポートが盗難にあった場合どうするかなどを調べる。
その国によっても違うけど、本来戸籍謄本のコピーが必要らしいけど、
ネットの情報によるとマレーシアはなくても大丈夫らしい。
戸籍謄本なんて持ち歩いてないし、戸籍謄本を役所に取りに行ってなんて
頼める人もいないし、これは助かった。
(色々な理由があり家族には頼めない)
じゃあ後は大使館に行って事情を話して、ポリスレポートを見せれば
帰国のための渡航書が発行されるわけね♪
と、少し安心していたんだけど、週が明けて11/17(月)朝一番で大使館に。
ここで地獄に突き落とされる。


これがマレーシアの日本大使館です。

※大使館の中などは一切撮影ができないので、
文章のみでお伝えします。


駅の切符を買う小さな窓口みたいなのが4つぐらい並んでて、
そうこの写真の窓口みたいな感じね。
で、番号札を引いて順番で呼ばれます。

そんなに待たずに呼ばれ、対応してくれたのは
日本語が話せるマレーシア人かな。
事情を話すと、帰国のための渡航書の発行には
「戸籍謄本が必要です。コピーでも大丈夫です」と。
「でも持ってないんですけど」と言うと
「誰かに頼んで取って貰ってFAXしてもらうとかできませんか?」と。
「いやいや、そんなの頼める人いませんし」と言うと
「領事に相談してきます」と。

5分ぐらい時間が経過して・・・
「区役所に国際電話を掛けて、困ってるから、
マレーシア大使館にFAXしてと言えば
送ってくれるんじゃないかと領事が言ってます」と。
・・・もちろんその領事は日本人。
個人情報の取り扱いが厳しい日本、
どこの役所が電話一本でFAXしてくれるのだろうか。
なので「日本は個人情報の取り扱いが厳しいので、
FAXなんてしてもらえないですよ」と言ったら
「そうですか。領事に伝えてきます」と。

そしたら5分ぐらいして今度は日本人の女性の方がキレ気味で登場w
「戸籍謄本、またはコピーがない限り
マレーシアからは一歩も出れません!」と。
「では取れない人はどうすればいいんですか?」と聞くと
「とにかく区役所に電話してみて下さい。
出来るかどうかはわかりませんが、事情を話せば
やってくれるかもしれません」と。
「今までそうやって取り寄せが出来た人っているんですか?」と質問すると、
ちょっと困ってた。でもキレ気味w

そしてもう一つ必要なのがクアラルンプールから日本への直行便のチケット。
「帰国のための渡航書」を使う場合は
直行便が飛んでいる国は直行便に乗って帰国しなくてはならない。
なので、持ってるチケットがトランジット有りのチケットなら
直行便のチケットを買い直さなくてはならない。
ちなみにうちも買い直した方。タイ航空のバンコク経由のチケットはNG。
11月はハイシーズンじゃないし、KLから日本へは
LCC(エアアジア)も飛んでいるからいいけど、
これがハイシーズンで、ヨーロッパやアメリカだったらと考えるとゾッとする。

そういうわけで大使館の方に「謄本のコピーとチケットが
揃わない限りは来て頂いてもどうにもなりません」と
冷たく門前払い。
色々厳しい条件を付きつけられ、もうションボリ。
どこか相談できるところがないかと思い調べたら、
加入していた海外旅行保険のKLの窓口がHISのマレーシア支店だったので、
ダメ元でそこを頼りに行ってみることに。

HISマレーシア支店。
到着すると保険の担当のSさんという女性の方が出てきた。
Sさんに事情を説明して、大使館に言われたことを話すと
「そうなんですよ。戸籍謄本、またはコピーがないと絶対にダメなんですよ」と。
「ネットに戸籍謄本なくても大丈夫だった」と書いてあったんですよね〜と話すと、
「逆にそれはビックリというかそんな話は一切聞いたことはありません」と。
で、役所から大使館に直接FAXの件についても
「今までパスポートの盗難などで、戸籍謄本のコピーを
取り良せる等の話は何度かありましたが、
役所からFAXというケースは聞いたことがないし、
皆さん何らかの方法で自力で取り寄せています」と。
「例えば家族や身内がいない人とかはどうするんですか?」と聞いてみると
「知り合いや職場の方に頼むなどの方法で取得されています」と。

そっかー。やっぱり自力でなんとか取るしかないのかー。

「でも大使館がFAXで取り寄せられる可能性があると
そんなに言うなら役所に電話してみましょうか??」と。
出来る限るのことはしてみようということで、
国際電話で戸籍のある大田区役所の戸籍課に電話を掛けてみる。
で、事情を話してみる。
もう全く取り合って貰えない。
大田区役所としては法に反したことはできないとのことで、
代理人でもいいので、戸籍謄本は窓口に来て取得するという方法でしか
お渡しできませんと。
「でもマレーシアの大使館がそう言ってて、
区役所の方が怪しいと思うなら、
マレーシアの大使館に国際電話をかけてもらって確認という
方法もあると大使館の方が言っているのですが」と言うと
「電話とかFAXではお渡ししないんだから、電話で確認もしません」と。
更に「そういう相談は外務省にしたらどうですか」と。
もう話になりません。というかこれ、当たり前で、
もしこんな簡単に戸籍謄本が電話やFAXで取れるようになったら
それはそれですごく問題です。
で、最後に「あなた。なんで戸籍謄本を持たないで海外に行ったの。
海外に行く時は必ず持って行かないと」と。
必ず戸籍謄本を持って行く人っているの?www

そんなわけで自力で戸籍謄本のコピーを入手するしかない。
誰かに役所に行って貰わなきゃ。
で、謄本のコピーをマレーシアまでFAXして貰わなきゃ。
頼める人いるかな・・・
で、FAXはどこで受けよう?直接大使館?
でも大使館はなんか冷たい感じだから頼りたくないし・・・そんな時に
「FAXやメール、うちで受けても大丈夫ですよ」と
HISのSさんが言ってくれた。
「お力になれる部分はなりますから」本当に涙が出た。
だって一番頼りになると思ってた大使館が一番冷たくて、
本当にどうしようか困ってしまって。
大使館の人は本気で戸籍謄本が電話一本で
FAXして貰えると思っているのだろうか。
日本に住んでないから日本のことがわからなくなっちゃってるのかなw

で、戸籍謄本はうちの税理士が取りに行ってくれることになり、
委任状を送ったりなんだりで、なんとか入手出来た。

と。今回はここまで。
次回は苦難!帰国のために渡航書用の写真を撮ると
帰国用のチケットを買う編。そしてホテルの延泊手続きです。

※この記事の写真は足成からお借りしています。






calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

search this site.

categories

archives

recent comment

profile

links

others


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... プラハ
旅行口コミ情報