旦那のパスポートがKLで盗まれた!入国管理局からの帰国編

 S__4014086.jpg
いざ入国管理局!
※初めて読まれる方はまず 旦那のパスポートがKLで盗まれた!警察編
その次は大使館編、そしてパスポート写真編を読み、帰国のための渡航書受け取り
を読んだ後ににコチラをお読みください。

-私chloeがチェンマイに旅立ってしまった後のことなので、
旦那さんから聞いた話をそのまま記載します-


「帰国のための渡航書」を手に入れたら、次はそれを持って入国管理局へ。
KLの中心地から入国管理局のあるプトラジャヤへは
上の写真のKLIAに乗って行くのですが、エクスプレスではなく、
トランジット(各駅)に乗って行くんですけど
このトランジットが30分に1本ぐらいしかないので、
タイミングが悪いと30分待つことに。
そしてプトラジャヤの駅に到着したらタクシー乗って入国管理局へ。
タクシーで20分ぐらいかかるかな。結構遠いです。

S__4014082.jpg
こちらが入国管理局〜

HISのSさんに聞いた話によると、
かなり待たされるそうです。

入国管理局の1Fの受付で「パスポートの盗難にあった」旨を伝え
ポリスレポートを見せると4Fに行くように指示されます。
4Fに行くとビックリ!パスポート
なんらかの事情で失くした人で溢れています(笑
そしてカウンターには人だかりが。
もう多国籍の方が集まっているので、列を作って
並ぶわけでもなく、とにかくカウンターの前に
押し寄せている感じ。どうしたらいいのかな。
係りの方が「並んで下さい!」と言うと一瞬並ぶんだけど、
またすぐにグチャグチャになってしまって
いつになったら自分の番が回ってくるのやら(汗)
で、なんとか1時間半後ぐらいに自分の順番がやってきて、
今までの経緯を伝えるとまた別のカウンターに行くように指示される。
で、行くとまたそこのカウンターも人であふれかえってる
「・・・」途方に暮れてたら
別のカウンターにポリスレポートを持っている人の列が別にあったので、
そこに行ってみたら、どうやらそこに並ぶのが正しいらしい。
で、ここで既に3時間が経過。お昼になってしまい時間切れ。
そして午後からスタート!
やっと自分の順番が回ってきたら
書類のコピーを取ってきて」と言われ、今度は2Fにコピーを取りに行く。
コピーはお弁当屋さんのところにあって、
コピーしたい書類を渡してコピーをして貰う感じ。
日本のコンビニみたいに自分で取るわけではありません。
コピーが出来たらまたカウンターに戻ってコピーした書類を渡すと、
処理するので待つように言われる。
待つこと1時間。やっと呼ばれてカウンターに行くと

S__4014087.jpg
一番上のスタンプを帰国のための渡航書に押して貰えます。
このスタンプは滞在許可事実の確認の再押印
要はこのスタンプは盗られたパスポートに押してあった入国スタンプと
同等の物になります。
これを押してもらって初めて
マレーシアに入国していた事実が証明されるわけです。

S__4014083.jpg
そしてこのスペシャルパス!
これも貰えます。これがないと出国できません
たった一枚の紙キレですが、非常に重たいです

入国管理局では100RMかかります。
もちろん現金払いのみです。

このスペシャルパスは出国する際の
イミグレーションで必要です。
そして回収されてしまうので、
コピーを取っておいた方がいいと思います。


ちなみに入国管理局でコピーをするように言われた書類は

○ポリスレポート
○帰国のための渡航書
○ホテルの滞在照明(ホテルバウチャーなど)
○Eチケットなど(入国したことの証明が出来る物)
○日本へ帰国するためのEチケット

入国管理局は非常に時間がかかるので、
コピーは事前にしておくといいかもしれません。
また書類原本は回収されてしまうこともあるので、
余分にコピーを取っておくと、
帰国後、保険会社に申請などする場合に役立ちます。
それから大使館や入国管理局で手数料を払うと必ずレシートが出ますので、
それらも保険を申請する際にあると良いかと思うので、
紛失しないようにしましょう。
また帰国のための渡航書を発行するために
あっち行ったりこっち行ったりで、かかった交通費は全てメモをしておくと
良いかと思います
帰国後に現地の公共機関などの交通費を調べるのは大変です。

S__4014084.jpg
さて!書類も揃ったし帰国です〜
幸か不幸かエアアジアXの成田線の初便で帰ってきました(笑
矢印の下の男性はエアアジアXの社長さん。

S__4014085.jpg
帰国〜成田のイミグレでは通常のカウンターではなく、
事務所に方に通され色々質問をされ、
パスポートの盗難にあったむねを伝え、入国のスタンプを押して貰います。


うなり君もお出迎えしてくれました(笑

帰国後、海外旅行保険を申請しました。
保険で認められたのは

○盗まれたパスポートが入っていたパスポートケース
○帰国のための渡航書の発行費用
○パスポートの盗難にあったため、延泊になったホテル代
○ホテルと大使館の往復交通費(公共の交通機関分)

ちなみに「置き引き」「紛失」では保険は出ません。
ポリスレポートのどこかに必ず「盗まれた」盗難にあった」
事柄が記載されていないとNGです。



今回のパスポートの件に関してなんですが、
皆さんに必ず同じことを言われます。
「旅慣れてらっしゃるから、盗まれるなんて驚きました!」
はい。そうなんです。実は旅慣れている人ほど危ないそうです。
以前ある添乗員さんとお話しさせて頂いた時に、
「添乗員はパスポートやお財布を盗まれることが多い」との
お話を聞いたことがありました。
これなんでかっていうと、慣れているから警戒心がどうしても
薄くなってしまい、その結果スリに合ってしまったりなどが
結構あるそうです。
もちろん全ての添乗員の方や、旅慣れている方というわけではありませんが、
よく車の運転も免許取って慣れた頃に事故を起こすなんて言うけど、
そういうことなんでしょうね。
私も気をつけねばと思います。

それからマレーシアのKLに関してなんですが、
HISのSさんに聞いた話によるとバイクでのひったくりが
非常に多いそうです。
で、カバンを盗られまいとして抵抗し、
体ごとバイクに引きずられてしまい、
大怪我をして暫く帰国できなかったお客様もいたそうです。


こーいう形のトートバッグを道路側の腕にかけて歩くのは
非常に危ないと仰ってました。
斜め掛けショルダーバッグだと狙われ憎いとのお話でした。

私chloeは今まで旅先で盗難にあったことはありませんが、
今回の主人のことを教訓にどこに行ってもより一層気をつけたいと思います。
そして来たる2015年も楽しい旅をたくさんしたいですね。


以上で旦那のパスポートがKLで盗まれた!は完結です。
最後まで読んでくれた皆さん、ありがとうございました〜♡






calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

search this site.

categories

archives

recent comment

profile

links

others


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... プラハ
旅行口コミ情報